9割が知らない?知らないと約100万円も損する火災保険の賢い使い方

FVの画像

友人とランチしてるときでした。
私は衝撃的な話を聞きました。

友人
そういえば、火災保険で家の修理できるって知ってた?これでタダで屋根修理できたし、余ったお金でテレビ買っちゃった!
は?

そんなうまい話があるわけないじゃん!

そう思っていたのですが、私は『火災保険』について全く知らなかったんです。

 

火災保険は家の修繕でも使えるって知ってました?

火災保険はその名前から『火災が起きないと使えない保険』と勘違いされがち。

ですが、実は火災保険は台風や大雨、雪などによる

ちょっとした被害でも使うことができる保険なんです。

「画像」

マイホーム持っている90%の人が

平均115万円受け取れる可能性がある

と言われていて、

友人は100万円以上の給付金が下りたそうです。

 

友人
しかも給付金の使い方は自由!だから、そのお金で旅行行ったり、買い物に使ったり、貯金してもOK!

 

だから、使わないともったいない!のですが、アンケート調査では約9割の人は「1度も火災保険を使用したことがない」と答えています。

画像

 

私も使ったことない…

ほとんどの人は火災保険のお得な使い方を知らず、火災保険料を払っているだけ損をしている可能性が高いんです!

 

100万以上の給付金がもらえる可能性があるならやるしかない!

そう思って、申請の仕方を調べてみたのですが…

え、難しくない?

 

実は自分で火災保険を申請しようとすると、やることがたくさんあります。

自力で申請する場合

  • 被害の原因の特定
  • 破損箇所の写真撮影
  • 申請書類の作成
  • 保険会社の調査の立ち会い
  • 保険会社との交渉

 

自分ではどの傷が申請できる対象かもわからないし、

そもそも自分では見つけにくい屋根とか雨ドイとか

確認するのが難しいところに給付金を受け取れるポイントがあるんです。

 

しかも書類は専門的で難しい…

画像

自分でも申請はできるみたいですが専門知識を持ってないと

本来支払われるはずの保険金が減額されたり、申請不足で保険金がそもそも受け取れな

というケースも多いんだとか。

 

友人がなんでこんな複雑な申請ができたか詳しく聞いてみると

 

友人
私も素人だし知識ゼロだったから、専門の人に全部おまかせで診断してもらったの。しかも無料で。
無料で診断してくれるの?何それ詳しく知りたい!

 

そうして教えてもらったのが火災保険請求の匠です。

画像

友人もかなり時間を使って調べたみたいですが、

火災保険の申請のサポートサービスを使って損をしないためには、

ポイント

  • 実績がある(経験豊富でないと適正な保険金が下りないケースがある)
  • 信頼できる(悪い業者にあたってしまうと想定外の費用がかかってしまう)
  • 簡単かつ無料で調べてもらえる

この3つが欠かせないとのことです。

火災保険請求の匠はこの3つを満たした信頼できるサービスでした。

画像

 

実際に私も無料調査してもらったところ、屋根とか外壁とか自分じゃ気が付かないところを細かく見てくれて、結果的に104万円を受け取ることができました!

 

ちなみに担当の方に

あれ、でも保険申請したらもしかして保険料って上がっちゃいますか?

と聞いてみたのですが、

担当者
いえ、火災保険は等級制度もないので、何度使っても保険料は上がらないですよ。

とのことでした。(これも私知らなかった…!)

この火災保険の上手な使い方を知らないままだったら、

給付金を受け取れず損していたかもしれません・・・

教えてくれた友人には本当に感謝です^^

 

「おすすめ理由画像」

私もいろいろ調べた結果火災保険の匠さんに頼んだ理由は、

診断費、書類作成費、見積もり、出張費などすべて無料で、さらに給付金の対象でない場合でも無料だったから。

つまり、給付金が支払われた場合のみ費用が発生するのでこちらとしてはノーリスクなんです。

 

9割近くの人が1度も火災保険を使わず給付金をもらいそこねています。

せっかくなら保険を有効活用したいですよね?

もし、まだ申請したことがなければ火災保険請求の匠で無料診断してみてはいかがでしょうか?

思わぬ金額を受け取れるかもしれませんよ♪

\簡単30秒の無料診断/

ボタン

 

 

 

※追伸:申請には期限があるので気をつけてください

1点注意したほうが良いのが

火災保険を申請できる期限は「3年以内」保険法第95条の消滅時効で定められています。

画像

早めに申請しないと、せっかく受け取れた給付金が受け取れなくなってしまうかもしれません…

そうならないためにも、まずは無料診断してみることをオススメします!

\給付金はいくら受け取れる?/

ボタン

© 2021 イエウルなび Powered by AFFINGER5